関トレの効果

日曜の晩から始め、

月曜。出勤前に関トレを実施。

身体がかたい。特に、両踵をつけて座ると骨盤が思いっきり後傾してしまう。

これが実態だ。

とりあえず頑張って腸腰筋と多裂筋を五セット。

 

日中は歩き方を探る。

 

歩き方はとりあえず両内踝がすれるようなイメージで真っ直ぐ出すことを意識する。

 

モデルの動きはこんな感じなのだろうが、スピードが今一。

帰宅時、ふと左足を気持ち高めに上げるように歩いてみると、

 

「あがりやすい…。」

 

間違いなく足があがりやすくなっている。

盆休み後に足をあげることを意識したときは、まるで逆方向に引っ張られるかのように

左足が言うことを聞かなかったのに、まるで下から空気に押されるような感じで足の上がりと滞空時間も改善している。

 

そして、高く足を上げられたときは、両足がちゃんと前を向いている。

逆に、無意識だと足が上がらずに着地して、徐々に両足が右前を向いてしまう。

 

関トレ凄いんじゃないか?

 

帰宅後も腸腰筋と多裂筋。

 

火曜。

朝から関トレ。

昨日の朝より骨盤が起きやすい。

そして早くも多裂筋が筋肉痛。

 

日中は暫く両内踝を意識。

 

そして昨日のようにふと左足を高めにあげて歩くと、やはり上がりやすくなっている。

 

間違いなく関トレの効果が出ている。

 

以前も腸腰筋のトレーニングはやっていたが、あのときはやり方が間違っていたのだろうか。それとも多裂筋とのセットが重要なのだろうか。

 

日中、歩き方を色々探っているが、そもそも足が上がりさえすれば全て解決するんじゃないか?逆に足が上がらない内は、何やってもうまくいかないんじゃない?と言う気がしてきた。

 

現状、左足は高く上げるために反動が必要な状況であり、びっこひきと言う意味では思いっきり跛行を呈してしまっている。

伸張反射によって無意識に腸腰筋を使えないと正常な歩行やランニングは取り戻せないが、果たして関トレでどこまで改善するのだろうか?

 

帰宅後に右足と左足で足の上がりを比べると、まだまだ左右差が大きい。

 

果たして関トレでこの左右差が無くなるか?

伸張反射を使えるようになるのか?

 

関トレにかけるしかない。

関トレ開始

足裏の動きを意識しても遅い。

とにかく遅く、前を行く庶務の女性に追いつかない。

 

足裏の動き。

これは頭で意識出来ないものであり、一度忘れると二度と取り戻せないものなのかも知れない。

そもそも、歩くと膝の向きが正面を向かない。

 

木曜の夜。

外旋着地とかそんなものは無視して、とにかく爪先を真っ直ぐ正面に出すことだけを意識する。

内踝どうしを擦る意識。

これで何とかびっこひきは目立ちにくくはなる。また、着地後の外旋も出来る模様。

 

だが、これでも前のめりになりやすく、安定感に欠ける。

また、片手で荷物をもって歩くときの左右差。これも歩き方が狂ったとき頃から感じていたことだが、治る気配はない。

 

何故こうなったのかは最早分からない。

 

分かることは、体幹のバランスも思いっきり崩れていること。それは紛れもない事実。

 

特に、腸腰筋が弱いのはほぼ間違いない。

それから多裂筋も怪しい。

仕事後に左半身が倒れるのと何か関連性を感じる。

それから、上半身が右に回旋してしまうのとも関連していそうだ。

 

色々調べていたとき、関トレと言うものを見つけた。

 

 

関トレ 関節トレーニングで強いからだを作る

関トレ 関節トレーニングで強いからだを作る

 

 

 

https://www.asahi.com/relife/event/record/11242719

 

著者の笹川先生の書いている記事を幾つか読んでみると、どれも説得力がある。

 

試しに、腸腰筋と多裂筋のトレーニングだけやってみる。

 

その後、今日唯一の外出となるスーパーへ向かう。

 

足の上がりが間違いなく力強い。

 

リハビリや整体で習ったどんな筋トレよりも効果を感じる。

 

一体腸腰筋と多裂筋のどっちが効いているのだろう…。

 

一時的かも知れないし、根本原因ではないかもしれないが、少なくとも、継続して損はない。仮にまともに動けるようになったとしても、このトレーニングは死ぬまでやる価値はある。それだけは間違いない。

 

身体が変化するかどうなるか、継続してみることとする。

 

 

 

 

 

 

 

 

人間の身体じゃない。

 

思った方向に身体が進まない。

斜めに蹴ってやっと前に進む有り様。

 

上半身が右に曲がってしまう。

これが根本原因だ。

 

朝はまともでも、仕事をしていると悪化する。

 

しかし左に強く修正してみても、思いっきり捻ってみても、ストレッチしてみても、一度悪化すると、全く修正が効かなくなる。

 

 

 

何故こうなるのかサッパリ分からない。

歩き方修正しても、全く太刀打ちできない。

歩き方どうこうのレベルじゃない。 

 

完全に下半身と上半身が捻れて固定されている。

 

もういい。

 

もう考えるのも疲れた。

数年間、何をするときにも姿勢や歩き方を考え続けてきた。いや、考えねば生活出来なかった。

考えねば、未来を描けなかった。

 

しかし、全ては徒労。

 

未来など無かった。

単調な生活すら俺には許されていなかった。

 

あのとき、あいつらに出会った瞬間、俺の未来は消えたのだ。

地獄を生きるしか無くなったのだ。

 

まるで子供の頃に行った斜めの部屋。

一生斜めの部屋で生活するしかなくなった。

 

俺は何のために生きてるんだ。

何のために生まれてきたんだ。

何故毎日毎日こんな仕打ちに耐えながら生きねばならないんだ。

 

生きている自分が腹立たしい。

 

それが運命?

ふざけるな。

 

早く死にたい。

とにかく死にたい。

 

死にたいと言っている人は死なない?

 

あっそう、そんなことどうでもいいから早く死にたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わからない。

久々に土日とも外出してリハビリ。

 

どの意識が安定するのかを改めて確かめる。

 

基本は右踵を時計回りに回転させる方向に股関節を伸展させる意識。

これで確かに左足は出やすくなったものの、極めて遅いし、力みもある。

そもそも、前に進むのに踵を真後ろではなくて斜め後ろに引くのが違和感だらけ。

 

脳ミソと股関節の動きが一致しなくなってしまったのだろうか。

 

色々試すと、結局最終的に、踵の角を着けておしまい。の意識が最も安定した。

踵の角が着いたら、それ移行後ろへは持っていかず、そのままその場でとどまっている意識だ。

結局金曜の夜の動きと同じ。

 

しかし、疑問が幾つもある。

 

こうすることで遊脚側に内旋トルクが生じて足が出やすくなるのは頭では理解できる。

しかし、それは頭で理解しているだけ。

 

そもそも小学生も成人もお年寄りも皆この歩き方をしているが、まさか皆上記の理論を理解してやっているわけではないだろう。

 

皆無意識にこの動きをしている。

 

では、何故無意識にこの動きになるのか?

 

何故自分は意識しないとこの動きにならないのか?

 

身体を進めることだけを考えると、踵の角を着けなくても、真ん中を着ける意識でも進めるし、一寸前の自分の悪い歩き方でも進める。

まさか、踵の角を着けるのが効率的だと意識しているわけではないだろう。

歩き方を教わったわけでもないだろう。

なのに皆同じ動き方。

寧ろ意識しないとそれ以外の動きは出来ないと言うところだろう。

 

そもそも、以前の自分がそんなことは全く意識していなかったはず。

普通に真っ直ぐ足を動かしていた記憶しかない。

 

と言うことは、自分の体では、この動きを意識しないと出来ない理由があるのだろうが、サッパリ見当がつかない。

 

意識が狂ってしまったためなのか何なのか?

 

だが、これでもまだ左の足首は痛い。歩くだけで足首が痛くなる。到底走るのは無理。

 

誰に聞いても分からない領域が狂ってしまったのか。頭では無理か。

 

じゃあ、もう諦めて死ぬか。それしか残ってねーか…。

試行錯誤

朝、頭を切り替える。

水曜、木曜は肩甲骨を意識している内に、全く以前と同じ歩き方に戻ってしまった。

 

もう一度、足の動きを意識する。

 

右足の踵の角が着いたあと、上から見て反時計回りに足が回れば内旋。

連休中はこれを時計回りに修正した。

 

もう一度、これを試す。

踵が着いたあと、踵が身体の外に行かずに内へ向かうように意識する。

 

歩きにくさはあるものの、慢性化している身体の変な傾きはかなり抑制される。酷いときは「そっちへ行きたいのに思う方向に身体が進まない。危ない。」と足が止まることが頻発していたが、それが落ち着く。

 

違和感あるが、もうこれしかない。暫くやっていれば筋肉の質が変わってくるかもしれない。

 

これで過ごしている内に、足の回転方向は意識から消え、踵の角が身体の正面に左右交互に着く意識に変わる。

右足が着くときは右斜め上から降ってくるような感じだ。

 

帰宅時も、試行錯誤が続く。

 

暫く歩いていると、両足の踵の角が身体の正面で交互にパンチするような動きになる。

上半身については、力を抜いて、右足の踵が地面にぶつかったあとに、ついでにそのままの勢いで左に回転しているような感じ。

 

これが正しいのであれば、右足の踵が着く反動で左足が内旋し内を向きながら追い越し、追い越したあとに、上半身の回転に着いていく感じで今度は外旋しながら外へ向かい、外から身体の正面に戻ってきて踵が着く。これを交互に繰り返す。

そして、この歩き方のときは、着いた方の足の動きがわからない。内回りなのか外回りなのか、意識出来ない。踵の角が着いたままとどまっているようにも感じる。

 

少なくとも腰が引けるのはおさまっているようなので、これで暫く行くしかない。

問題は、上半身が左回旋しにくいこと。

 

悪い動きのせいでこうなったのか、上半身がこうなっているせいで歩き方がおかしいのか。

 

 

的外れ

連休中に足の動きかたを調整した。

火曜。前よりはマシになったが、以前の歩き方ではないし、相変わらず脹ら脛外側も張る。

また、股関節の痛みも少しではあるが出てくる。

 

的はずれだ。

今度こそはと思ったが…。

 

朝より昼、昼より夜と、少しずつ身体の傾きが悪化するのも変わらない。

連休明けのため多少マシだが、帰宅時に左右の膝が右前を向き、制御不能

 

歩き方以前の問題。

 

頑張って上半身を左に捻ると何とか左右の膝が正面を向くも、何故かすぐに右へ捻れてしまう。特に便秘でも無いのに原因不明。

 

水曜。会社でのラジオ体操中にやけに左の肩が上がりにくいことに気づく。

一体何故なのか?

そして仕事をして過ごすと次第に膝の向きがおかしくなる。お腹の張りも酷くないのだが、何故かこうなる。

夕方に肩を上げてみると、左肩が悪化している。と言うより、左肩の血流が弱い。ずっと血が止まっていたような感じ。

左肩の血流が止まりそうな姿勢をしているのか?

思い当たるのは…左前腕を常に脱力して机の上に置いている。

だが、まさかこんなことで真っ直ぐ歩けないほどにまでなるのか?

しかし、左肩甲骨を意識すると足は出やすくなる。膝の向きも整う。と言うことは肩が根本原因なのか?

 

木曜。ひたすら左肩をストレッチ。

そして左肩に寄りかからないように仕事をする。日中、左肩甲骨を引くように歩く。

だが、変だ。勢いよく足が出すぎるし、くるくる身体が回りすぎる。

帰宅時、肩甲骨を意識するが、明らかに昨日よりも悪化。

昨日肩甲骨によって膝が修正出来たのに今日は出来ない。

と言うことはやっぱり姿勢。

特に左上半身が倒れているようだ。

しかし左上半身を起こしても、結局左足が出るときに屈曲してしまう。

やはり股関節?

 

また一回りした。

同じ事を繰り返しているだけ。

 

根本原因にすらたどり着けない。

一生このまんま。

 

もう不具合は全身に派生している。

あっちを修正しようとするとこっちが不具合。

 

まるで神様に笑われているようだ。

酷い仕打ちだ。そんなにおちょくって何が楽しいと言うのだろうか。

幼い頃、蟻の巣をいじってその様子を眺めて遊んでいた。そんな気持ちなのか?

 

もう二度と変な期待持たせるな。

そして、こんなくそったれな人生早く終わらせろ。

振り出し

出掛けようとしても、身体が動かない。

 

掃除を一通り終えて、もう家を出るだけなのに、気持ちがついてこない。

 

姿勢との関連性を解明するためにも、歩かないと先へ進めないのに、気持ちが重い。

 

「歩くのが怖い」

 

歩けば歩くほど、肩を始め、全身の劣化が進む。

歩くほど、絶望が深まる。

歩くほど、怒りが沸く。

 

そんな事を毎日毎日繰り返している内に、歩くことに対する恐怖心が募る。

 

だが、歩かずに生活はできない。何もしなければ、そのまんま。

 

重い腰を上げて、いつもの田舎道を歩く。

 

姿勢を意識して、左の骨盤が前傾するように、左の背筋に力を入れて歩く。

だが、結局足が出ない。

 

またハズレか…。

 

途方にくれる。

しかし、途方にくれて何もしなければ、目的地にもたどり着けない。

 

無理矢理歩くも酷いびっこひき。

 

お前は何がしたいのか?

 

何度も何度も自分の体に問いかけるも、何も返事はない。

 

そんなに動きたくないなら、さっさと死ねばいいのに。

 

悪夢のような日々。どうやら死ぬまで続くようだ。