整理

●そもそも自分の場合、伸展筋が弱いから伸展制限が出るのか?

→そうだとすると、腰(恥骨)を固定させて歩くと、左足は単に歩幅が稼げないだけで、腰のガクガクは起きないはず。

しかし自分の場合、腰を固定しても、何物かが突っかかり、腰ごと反応して足が前に出てしまう。

と言うことは、伸展筋不足と言うよりも、未だ未だ屈曲筋が強いと言うことなんじゃないか?

そもそも伸展制限が出るほど伸展筋が弱っていたら、他の歩行障害たとえばトレンデレンブルグや大殿筋歩行なんかが出るような。

また、明らかに他人と同等寧ろそれ以上に歩幅は広い。

 

●ストレッチ後の動き

屈曲筋ストレッチ後は大転子あたりの動きが鈍くなる。

一方殿筋ストレッチや筋膜張筋ストレッチ後はするするっと動ける(数歩だが)

→これは、以下のサイトで説明の通り、後部組織の圧が前部組織よりも強くなることで、大腿骨が寛骨に押し付けられ、インピンジメントが発生しているのではないか?

それゆえ、前方組織のストレッチ後に動きが悪くなり、後方ストレッチ後にスムーズになる。

#394 股関節前部につまり感がある時の対処法2.0 | S&Cつれづれ

 

●中殿筋トレーニング後の動きの鈍さ

上記と同じ。

また、痛みが出た春先に当時通っていた治療院では、中殿筋が異常に固くなっていると言われた。

 

●相変わらず腸腰筋由来のつまりが出るのは何故?

腸腰筋は大腿骨を抑える役割があるそうだ。

自分の場合も殿筋の固さによって前方に変位した大腿骨を押さえつけるために緊張を強いられている?

 

 

●大腿筋膜張筋が緩まないのは何故?

左大転子付近の動きが悪く、伸展時に足がおかしくなるため、上体が左へ傾くことで、被害を負っている?

 

そう考えると、ランニングは出来ているものの、殿筋の固さゆえにインピンジメント自体は完治しておらず、大腿骨が寛骨にぶつかることで、伸展時に大腿骨が衝突し、痛み(今はどちらかと言うと違和感)が発生し、その反応として足が前に出される。

と言うことが推測出来る。

 

ではどうしますか?

→まずは、腰が引けてしまうのは、インピンジメントによるものであり、老化による筋力不足ではないのでムキになる必要はない。

その上で、腰を反らしているのは痛み回避だとすると、その状態で誤魔化し続けるのは問題が見えなくなるだけなので、出来るだけ腰は固定する意識で歩こう。そして、そのときの反応を観察するようにしよう。

 

あとは、セラピストのアドバイス通り、腸腰筋のトレーニング後の上下双子筋のストレッチ。

殿筋のストレッチ。

大腿筋膜張筋のストレッチ。

 

今週はこれで行こう。

 

やはり素人考えが先行するのは危険だな、股関節難し過ぎる。

11月11日(日)

要は、腰が引けなければ良い。

 

今日は臍を正面に向ける+下腹部が下がらないように意識してみることにした。

 

夏ごろ歩きでも少し意識してやっていたが、なぜだったか、いつの間にかやらなくなっていた。

 

お決まりの休日30kmコース。

 

まず臍を正面に向けて、続けて恥骨結合付近をぐっと持ち上げて骨盤を立たせてキープ。

これでシザースのタイミング。

 

うん、かなり安定感はある。

 

そして、左股関節のぐずぐずがハッキリ体感出来るようになってきた。

今までは左股関節の為すがままに腰が引けっぱなしで、しかもそれを感じることが出来ずにいたが、ここに来て、ようやく自分の身体で何が起きているのか、イメージと実際の動きがリンクするようになり、ぐずぐずに逆らう意識を持てるようになってきた。

 

さて、下腹部を上げるようにしたこと得られた収穫。

 

まず、上体の前傾が抑えられ、久々に背筋を使いながら走れたんじゃないか?と言う点。ずっと諦めていたが、これで気持ちよさが格段に増した。

身体にバネが入ったような感覚。

 

筋肉痛待ちだが、これで右ハムも使えるようになれば完璧。

 

それから、目線が遠くを向くようになった。

視界が開けて、これも気持ちよさに繋がる。

 

まだコツが微妙なので、今後練習で詰める必要はあるが、今日の感じでは「恥骨結合を上にめくり上げる感覚」。

 

気になる点としては、左股関節のくず具合。

 

本当訳のわからん動きをしている。

特に踏む際に、ニュルッともっさりした感触があり、前に出る際も変な起動で足が出ている。

「おまえマジ何がしたいの?」

とツッコミが入る。

 

まあ、いずれにしても、走りは走る度に安定感が出てきている。

 

やらなければリスクは無いが進歩も無い。

 

今週も他人は気にせずひたすら前進あるのみ!

11月10日(土)

今週はトータル80km程度走った。

幸い目立った痛みはないが、ちょっと気を抜くとNG。腰が左に引かれて回転してすぐに右膝を痛める。

また、相変わらず歩行が変。

ランニング同様、左腰が引け、腰が回転し、右膝を痛める。

一応対策として、臍の位置を進行方向に向け続けることである程度回転は防げることが分かったが、それでも微妙に回転が入り、相当不安定。

 

最近はリハビリ後にどこに通うかに意識がいっている。整体か鍼かカイロか…。

 

今日も朝から歩いて病院に向かう。

進行方向に臍を向けるが、どうしてもガクガクしてしまう。

 

近くの高校を通りかかるとき、おそらく吹奏楽部の奏でる音楽が聞こえてくる。

何だか懐かしい気分だ。

天気も良い。秋風が気持ちいい。

 

本当に、あとはまともに歩けさえすれば、なにも気にする必要のない最高の一日なのだろうが、こいつのせいで…。

 

セラピストには、以下を伝える。

①相変わらず腰が回転してしまうこと

②上下双子筋のトレーニングは、左股関節の詰まりのせいで上手く出来ないこと

③変わりに中殿筋トレーニングをするが、腸脛靭帯あたりが原因で後ろに引けないこと

 

とりあえず、詰まりを取るところから始める。膝をあげたり下げたり下腹部を指圧したりすると、詰まりが取れてきた。

この詰まりは、腸腰筋由来のものとのこと。

そして、腸腰筋のスムーズな動きを促すトレーニングをひとつ教わった。

まずはこれをやって詰まりをとり、そのあとに上下双子筋のストレッチをやってくださいとのこと。

 

詰まりをとったあと、歩行。

室内の歩幅では腰の引けが目立たない。だから余計にたちが悪い。

「かなり伸びは出ているんですけどね…。」

とセラピスト。

 

その後殿筋あたりをマッサージしてもらい、終了。

 

今後は

腸腰筋レーニング→上下双子筋トレーニン

で行きましょうと言うことになった。

 

腸脛が邪魔をすることについては、やはり筋膜張筋や殿筋の固さが原因だろうという事で。やはり上記のトレーニングと筋膜張筋と殿筋のストレッチは継続することになった。

 

それから、中殿筋のトレーニングに関してはの週3で十回程度やれば充分とのこと。明らかにジブンハやり過ぎていた。

 

正直今日は得るものが少なかった。

結局この邪魔な腸脛は何なのか?さっぱりワケわからん。

 

本当は、リハビリ後に整体や鍼に行こうと考えていることも相談しようとしたが、頑張ってくれているセラピストに申し訳なく、結局話せなかった。

 

次は再来週。

とりあえずやれることを信じてやるしかない。

 

帰りは徒歩で帰宅。

 

途中太陽に照らされて自分の影が進行方向に写るが、相変わらず左腰が引けている。

ストレスがたまる。

ムカついておもいっきり左尻に力を込めて進むが、それでも腰が引ける。

 

帰宅後、散髪のために着替える。

 

何となくネットで見た着こなしかたを参考にしてみたら、滅茶苦茶格好よかった。

着こなしは良いんだが…あるきが…。

 

久々に履いたローファー。

くそな歩き方にも、文句ひとつ言わずに支えてくれている。涙が出そうになった。

 

 

11月8日(木)

今日は日中、左足の着地位置を意識して過ごした。

セラピストが言うように、踵から接地することで大殿筋が鍛えられる(今までは踵接地出来ていなかったから大殿筋が弱った)と推測した。

 

以下の記事も参考になった。

26.2.15.16極める下肢運動器疾患のリハビリテーション

 

今まで何となくは接地位置を意識していたものの、一日中意識し続けることはなかった。

唯一、きびすを踏んだときは意識していたが、あのときは旋回の動きに気をとられて、毎歩踵を意識したことはなかった。

 

早速家を出てから踵を意識すると、上手く踵接地が出来ていない。まあクソ股関節のせいで、上体が前傾してしまうから仕方ないのだが、今日はとにかく踵から着くように意識し続けた。

 

すると、踵から着くと、当然膝は伸びているので、そのまま踵を支点に重心移動出来ることを再認識した。そして、今までは、上手く踵から着けずに、膝が曲がったまま接地し、足の力で重心移動させていたことが分かった。

 

この違い、僅かであるが、使われる筋肉は全然違うような気がする。

 

ここで大腿筋膜張筋が使われているのか?

 

しかし、大腿筋膜張筋のせいで、骨盤が回る癖は抜けず、腰も曲がってしまうので、スムーズに歩くことは全く出来ない。

 

帰宅後、ウェアに着替えていると、右足の脹ら脛外側に張りを感じる。

右手を使わない走法でも、未だ未だ骨盤が回ってしまうようだ。

 

しかし現状この走法が最も安定しているため、今日も右手を腰に沿えて走る。

 

が、安定感が今一。

どうも、これだと右回転が大きすぎて、右足だけ極端に外旋位になってしまうようだ。

ふつうに走りにくい。

 

途中イライラし始めて、無理矢理、骨盤を直接固定して走ることにした。

当然完全固定ではなく、臍が進行方向を向き続けるようにする。

 

そうすると、漸く両足の接地が安定してくる。

 

どこの筋肉を使って制御したのか自分でも分からないが、腹筋や背筋あらゆる筋肉を駆使して骨盤を抑えた。

 

「これしかないな」

 

最もシンプル。

骨盤が回ってしまうのなら、骨盤を固定する。

 

こうして骨盤を固定すると、左大転子が強力に引っ張られているのを感じる。

大腿筋膜張筋及び腸脛だろう。

 

本当に酷い筋肉だ。

これのせいで運動神経が滅茶苦茶になっている。

 

そう考えるとイラついてきて、一発殴りながら無事帰宅。

 

対策は掴めてきたが、相変わらず身体が変わらない。

 

11月7日(水)

昨日は中殿筋の筋トレを集中的にやってみたが、今朝起床すると、いつもよりも左股関節の動きが悪い。

一体どうなってんだ…。

 

とりあえず、右半身が前に出ないように過ごす。

 

夕方、掃除の時に、最近話す機会がほとんど無くなっていた同期と久々に話す。

 

「人数足りなくなったら駅伝出ることになったよ。今年も未だ(出れないの)?」

「そうなんだよ。もう歩き方もおかしくなっていてさ…。」

「なんかカクカクしてるね」

「走れても真っ直ぐ走れなくて笑」

 

ほんの少しのやり取りだったが、とても嬉しかった。

俺が変な歩き方になっていること、分かってくれている人もいる。

孤独感から解放された気分だった。

入社したときからずっと仲の良い、自慢の同期。本当に感謝だ。

 

「堂々と調子が悪いなりに歩けばいいんだ」

 

そう気持ちが吹っ切れた。

 

帰宅後、

「まあリハビリラン。上手く走れなくて当然」

「それでも調子が悪いなりに走ってきたからこんだけの体力がある」

 

そう考えて走り出す。

 

おととい妙に安定した「右手を使わない走法」で走る。

 

右手は腰に当てるだけにして、左手をフリーにしてバランスを取りながら走ると、右半身が前に出る動きが抑えられ、着地足が非常に安定する。

 

また、右手を使わないようにすると、必然的に左足を使うことになり、左股関節を伸展させないと走れないフォームになる。

右足で庇うことが出来なくなるので、左中殿筋に頑張ってもらうしかなくなる。

 

と言うことは、この動きを継続すれば左右差が無くなってくれるのではないか?

 

右手は腰に当てて前へ出ないように注意する

左中殿筋で強めに踏み込む

 

 

 

11月6日(火)

意識して上半身が回旋しないように意識すると、それだけで動き、と言うか安定性が増すことが分かった。

 

右胸を進行方向から右に向けておく等。

 

しかし、それでも颯爽と歩くには程遠い。

 

何でもない、特に急いでいるわけでもないおっさんに抜かれるわ、相変わらず一歩一歩腰ごと動いてしまうわ、身体が前に倒れそうになるわ…。

 

状況は分かってきたのである程度の対策はとれるようになってはきたが、結局筋肉自体は全く改善していない。

 

カイロ、整体、鍼、別の医者等、誰に相談すべきなのか…

 

以前だったら走っていただろう小雨だが、結局やめて、中殿筋のトレーニングを行う。

 

何故か右に比べて後ろに引けない。

 

やはり筋肉の弱化なのか?

 

ちょっとやり過ぎたか、股関節周りが痛い。

 

もうやれることとしては、これまでやってこなかったことだろうと思う。

とすると、筋トレ?

 

改善の傾向だけでも掴めれば良いのだが…。

 

 

11月4日(日)

三連休最終日。

左に引っ張られないように走る。

 

幸い今のところ痛みは出ていない。

 

だが、じっくり着地の感覚を確かめると、ほんの少し、右足着地時にねじれが発生しているのも分かる。

 

右膝を守るため、左胸ときには左鎖骨あるいは左肩甲骨が後ろに下がらないように気をつけるが、どのくらい下がらないようにすべきか?どのくらい前に出しておくか?感覚がつかみにくい。

しかも気を抜くといつの間にか左に流れてしまうもんだから、神経がすり減る。

 

時折、「あ、まずいな」と言う着地も何度かあり、余計にピリピリしっぱなしだった。

 

よく見ると、右足も長年の左股関節の歪みの煽りを受けて、膝下が外旋してしまっており、真っ直ぐ着地させることが出来なくなってしまっている。

 

こんな感じで、全身のあらゆる箇所が悪影響を受けて、バランスが狂ってしまっていると思われる。

 

「何なんだよこれ!」と怒りで左股関節を殴る。

 

本当酷すぎる。

 

しかし、走らなければ身体は変わらない。

また、わるいフォームでも、走り続けたからこそ、これだけ毎日走れる体力がキープ出来ている。

 

嘆きたい気持ちをおさえて前を向く。

 

さて、一応左胸前の意識により、左股関節を伸ばすフェーズが増えた。

しっかり伸ばしたときの左足の感覚は、正直力がはいっていない感じ。

 

セラピストの話では、中殿筋を鍛えるにはある程度伸展させる必要があるとのこと。伸展が足りないと大腿筋膜張筋が代償してしまうらしい。

 

と言うことは、この力が入っていないところこそ、中殿筋が使われるべきところか?

 

それにしても、中殿筋が使えないから大腿筋膜張筋が硬くなるのか、大腿筋膜張筋が硬いから中殿筋が使えないのか?鶏と卵で分からない。

 

今後はもっと中殿筋のトレーニングも取り入れてみるか?

 

そんな感じで色々考えながらゴール。

 

そろそろ膝痛が出そうな予感。

 

とにかくセラピストと自分を信じて、やれることをこなしていくしかない。