歩行

今週まとめ

月曜日、肋骨を引くように骨盤を回して歩いてみるが、前を歩く中学生のバッグの揺れと自分のバッグの揺れを比較してみると、明らかに自分の揺れが強引。 では、この学生のような自然な揺れは何なのか?そして何故自分は自然に揺れないのか? 帰宅時、出来る…

今週まとめ2

今日は、とても良い天気なのだが、未だ未だ走れるような状態ではない。 体重も重い。何とかしたいのに、どうにもならない。 せめて、ここを意識すれば普通に走れる、と言うものが見つからない限り、走ってもすぐに故障するのは見えている。 とにかく歩行によ…

今週まとめ1

今週は左骨盤の前傾を意識した。 今まであまり意識していなかったが、骨盤の傾きを意識してみると、かなりの時間、骨盤後傾位にあることが分かった。 しかし、意図的に前傾させるのが非常に難しい。しかも片側だけ。 方法としては、 左足を出すときに、左腕…

ひたすら歩く

今日も昨日と同じルートで歩く。 往復20kmの道のり。 ただ歩くだけでは勿体無いため、ついでに家に貯まった小銭を口座に入金しに行く。 歩き方は、体重が左足の拇指球に載らない原因に着目。 何となく出す方の右足を回内させずに平行に真っ直ぐ前に出せば、…

進展せず

久々に更新。 今年のGWも走れずに終わった。 走ろうと思えばそれなりに走れる。 だが、順番がある。 先ずは歩行の違和感を解決すること。 それ無しに走れば問題が先送りされただけで、復帰は寧ろ遠のく。 とにかくやることは歩行の悪い癖を見つけること。も…

終わらない闘い

今日も肩甲骨を意識した。 左肩甲骨を内転させて出来るだけキープする。 そうすると、股関節内転位に抵抗出来るため、バランスが取りやすくなる。 だが、根本原因ではないので意識を緩めるとすぐにバランスが崩れる。 硬直した大腿筋膜張筋のせいで、左股関…

邪魔者

肩甲骨で補整。 肘が背中にくるような感じで胸を張ることで、骨盤の軸を固定する。 これで幾分か真っ直ぐ歩けるようになる。 では何故軸がぶれるのか? 結局、大腿筋膜張筋が原因のようだ。 こいつが固くなるために、左骨盤が前方回旋してしまう。 前方回旋…

苦痛に満ちた休日

やりたいことが全く出来ない。 昨日で治療は終わり、またあてもない日々が始まった。 せめて、「これをやっていけば確実に良くなる」と言うものがあれば前向きに取り組める。 しかし、「もしかするとこれをやればその内良くなるかも知れないし、変わらないか…

分からない

多裂筋を意識することにした。 しかし、常に多裂筋を意識するのは難しいため、左脚荷重時に左肋骨と左骨盤が離れないように意識。 その内、左肋骨で着地するような、着地時に左肋骨を下げるような意識に変わる。 何となく安定。 帰宅も継続。 腰の反りで歩幅…

多裂筋とトレンデレンブルグ

トレンデレンブルグの原因として、よく言われているのが中臀筋の機能不全。 だが、自分の場合、中臀筋の目立った左右差が無い。なのにトレンデレンブルグになってしまい、左股関節を痛める。 足を内旋させることで中臀筋を働かせて尻をキャッチボールさせれ…

少しずつ

少しずつ、本当に少しずつであるが、治療の効果が現れてきたかも知れない。 まず、屈曲時の可動域制限。 確実にここ一週間で詰まりが減ってきた。 特に屈曲内旋のどうしようもない制限が改善。 そして、それにともない、一昨日辺りから歩行が楽になってきた…

トレンデレンブルグ

腰が回っているのが原因かもと思い、右骨盤を前にするように歩くも、トレンデレンブルグは変わらない。 影を見る。 立ち止まると左右差は見えなくなるが、歩き出すと途端に左腰が横に出て、背骨が右に寄っている。 おまけにただ歩いただけなのに、右膝と左甲…

回旋

筋膜張筋の疲労を減らすため、左足の立脚時に多裂筋を意識して左側に体幹を傾ける意識で過ごす。 とても歩きにくい。 しかも、それなりに左腸脛の張りもある。 もうどうしたら良いのか分からなくなる。 帰宅時、今日もとてつもない歩きにくさ。 やはり、両足…

変わらぬ股関節

新年度。 運動不足のためか、昨日はなかなか寝つけず。 また、風邪でも引いたのか、早朝には腹痛で起こされる。 歩き方は、左肩甲骨を引いて上半身が右向きで固定されないように意識する。 だが、そんなのは所詮悪足掻き。 ただ立っているだけでも腸脛が張っ…

苦しい

気晴らしに散髪へ。 最近は出来るだけ動きやすい格好で出かけるようにしているため、久々に外着で出かける。 しかし、いつになっても走れず、運動不足のため体重も落ちず、ストレスによる過食もたたり、服がきつい。 どんどん自分の体が自分の体から遠ざかる…

深まる謎

今日も肩甲骨の位置を意識して過ごす。 やはり動きは滑らかになる。 しかし、びっこひきも多少ある。 大腿筋膜張筋の張りは、酷いときに較べるとかなり落ち着いている。 根本は肩なのか?背骨なのか?股関節なのか?内臓なのか? 治療院へ向かう電車。 両手…

新たな展開

何故腸脛が張るのか? 何故内転位になるのか? このメカニズムが分からないと一生まともに歩けない。 神経の問題で大腿筋膜張筋にスイッチが入ってしまうのか? 或いは、何らかの左右差の影響を受けているのか? 大腿筋膜張筋は補助筋の位置づけであり、こい…

高い勉強代

また過食が現れた。 そして朝から憂鬱。 ストレスが無視できなくなっている。 今日もやることがなく、本屋へ向かう。 爪先をほぼ進行方向に向けて、足のあおりだけで歩くが、家を出た直後から明らかな違和感。 明らかに左足が遅れている。 伸展の後半で腸脛…

新たな治療院へ

ここ数日は、仕事や人生を悲観的に感じることが増えた。 「…まあ向いてないのは分かってる。道を間違えたのも分かってる。でも常にベストを尽くしてきたことは事実。これが自分」 そう言い聞かせて、自分を励ます。 大して仕事の成果も無いのに、しかも昨日…

絶えない代償

内転位をカバーする動きを幾つか掴んできた。が、いずれも歩きにくい。また、完全にはカバーしきれていないため、これでも代償作用が出てしまう。 左足甲の痛みが完治に至らないのはまだまだ内転位で後ろに蹴る場面が消せていないためと思われる。 また、右…

歪みの実態

【昨日】 朝は一本線を歩くように、かつ左踵の回内意識で過ごす。 しかし、既にびっこひきが始まっている。 夕方、左股関節の内旋制限が悪化し、左足の回内がしにくくなり、重心が右へ移りにくくなる。いつもの内転位悪化のパターン。 やはり座位で長く過ご…

なんばも効果なし…

土日なのに朝から憂鬱だ。 やりたいことが見つからない。 こんな時、普通に歩けさえすれば、どんなに世界が違うことか。 どうしようもない股関節。 使えない股関節。 足を引っ張る股関節。 どうにかしたく、治療院を廻っても、まるで見当違い。金だけ取られ…

無駄な試行錯誤

無駄だと言うことは分かっているが、歩かないわけにもいかないため、今日も歩き方を色々試行錯誤。 会社では踵上の内旋。何となく安定していたから。 ただ、これでは腰が引けるのは実証済。 帰宅はポケットに手を入れて歩く。 出す方側の手を上げて反対側の…

あきらめ

直らない。 色々試したが、今週もダメだった。 夢、希望、本当に無くなった。 もう股関節は直らない。 みっともない歩き方だ。 伸展出来ないと、腰が曲がって哀れな姿勢になる。 恐らく近いうちに自分のやれる仕事も無くなるだろう。そのときは潔く辞めて、…

あおりか回旋か?

歩行フォーム。 まだ完結には早いようだ。 月曜の前半はあおり意識。 月の後半と昨日は股関節の回旋意識で過ごした。 今日は再びあおり意識に戻した。 理由としては、股関節内転位による外重心を意識的にカバーするため。 股関節回旋意識だと、内転位の外重…

まだまだ先は長い

歩き方は股関節の動きだけを意識し、ストレッチに重点を置く。 内旋させながら思いっきり伸展させる。 左手内旋、右手外旋でやると、より強力に伸ばせる。 やはりこれをやると左右差が改善し、両足がセンターラインに乗るようになる。 何となくだが、寛骨と…

歩行フォームの結論

朝から雨が降っており、久々に革靴で出社。 踵に意識を置いて、左足の踵外側→内側の股関節内旋を強く意識する。 敢えてあおり意識にしなかったのは、やはり爪先側への荷重が上体の前傾を招いてしまうため。 ここで、以前とは明らかに異なる点。 踵で接地しや…

くそ人生

もう何をやっても所詮は悪あがき。 歩行で帰宅中、ランナーに抜かれる。 以前走って通勤していた頃、同じような通勤ランナーがいることを知って、嬉しくなったことを覚えている。 あれから何年たったか。 相変わらず走って通勤しているようだ。 「なんで俺だ…

消火試合

残りの人生。 たとえるならば消火試合。 方向性を見失い、日中は競歩のフォームを真似して過ごす。 過去に何回も試した動き。 当然改善するわけない。 ただし、競歩のフォームなので理想的な歩き方なのではないかと思い実践。 帰宅時、暇つぶしのために歩く…

またも期待はずれ…絶望

今度こそは、これでダメならもう終わり…と考えていたが、今回もダメだった。 加えて、歩くだけでも股関節の影響を受けて左足の甲の炎症が再燃する模様。 もう身体が股関節の代償によって限界を迎えてしまったようだ。 二度と走ることが出来ない。と言う信じ…